人の数だけイロがある。イロイロな情報をお届けします。

TACOLOR

生活

ローソン銀行はいつから利用できる?参入理由や現状との違いを調査!

更新日:

銀行,イラスト

TACです。小売業による銀行のセブン銀行、イオン銀行に続きローソンが

「ローソン銀行」として参入することで話題になっていますね!

そこで今回は、ローソン銀行はいつから利用できるのか?

また、参入理由や現状との違いについてお伝えしています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

ローソンが銀行業に参入する理由は?

atm_woman,画像

コンビニエンスストアの国内店舗数が3位のローソンですが、

2017年の11月に、銀行業参入に向けての準備会社を設立していました。

 

小売業の銀行設立は、セブン銀行のセブン&アイ・ホールディングス、

イオン銀行のイオンに次いで3社目となります。

 

ローソンが銀行業に参入すると聞いて、今さらという感じがするのですが、

ではなぜ、今さら銀行業に参入するのか?調べてみたところ、

参入すればかなりの収益が上がるという見込みがあるので

そういった理由から、銀行設立を準備しているということですね。

 

セブン&アイ・ホールディングス(セブン銀行)は、銀行業に参入してから15年経っています。

なかでも、注目したいのが、金融部門が着実に成長しているということなんですね。

 

セブン&アイ・ホールディングスの傘下であるセブン銀行の2015年度経常利益は371億円で、

ローソンのATMを運営するLANsは60億円。

 

セブン銀行は運営が自前なので、ATMの提携銀行からの手数料収入のほとんどが

自社の利益となりますし、個人ローンや法人向け決済など独自のサービスも行えるという

強みがあるので、収益力は圧倒的となっているんですね。

 

このような理由から、独自の判断で金融サービスを展開できないので

ローソン銀行設立をすれば、収益が増えるという判断になったのだと思われます。

 

ちょっと視点が変わりますが、どこの業界でも

一社完結というようなサービスが多くなってきたように思います。

 

 

ローソン銀行はいつから利用できる?

ローソン,画像

ローソン銀行がいつから利用できるのか?

気になるところだと思います。

 

ローソンが銀行業への参入準備をしていると発表された時には、

2018年中の参入を目指しているとのことでしたので、

2018年中の秋ごろには、ローソン銀行の利用がスタートされるかと思われます。

 

でも、ローソン銀行になって、何が変わるのか?

現状との違いも気になりますね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ローソン銀行は現状と何が違う?

現在、ローソンでは、ATMの利用ができるので

ローソン銀行ができたところで何が違うのか?

どんなサービスが適用されるのか?メリット、デメリットも

気になったりしますね。

 

ローソン銀行が設立されると、やはり普通の銀行と同じようなサービスが

最低限は受けられるようになると思います。

 

定期貯金、ローンサービス、デビットサービス、海外送金などのサービスは、

当然あると思われます。

 

そこのにどんな独自サービスが追加されるのかが、

顧客獲得の重点になるかと思います。

 

顧客獲得がうまく行かなくても、セブン銀行のように

ATM手数料からの収益見込みがあるので、そこまで気にしていないかも知れませんね。

 

あくまで、素人の考えですが。

 

まとめ

ローソン銀行が利用できるようになったとしても

よほど良いサービスが無い限り、ユーザー側のメリットって

あまり無いように思います。

 

ローソン銀行設立は、ローソンの収益力を上げるための

手段ではないでしょうか。

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク




-生活
-, , , , , ,

Copyright© TACOLOR , 2018 All Rights Reserved.