人の数だけイロがある。イロイロな情報をお届けします。

TACOLOR

アスリート スポーツ

瀬古利彦の今は?成績良いのにオリンピックでメダル不発の理由

投稿日:

瀬古利彦の画像

元マラソンランナーの瀬古利彦さんがバラエティー番組に出演するという事で

今回は、瀬戸利彦さんについて、現在は何をしているのか?

現役当時は成績が良かったのに2度のオリンピックメダルが獲れなかったのは

どうしてなのか?について調べてみました!

アドセンスPC

スポンサーリンク




瀬古利彦プロフール

瀬古 利彦 (せこ としひこ)

生年月日:1956年7月15日 60歳

出身地:三重県

血液型:O型

身長:170cm

体重:62㎏

出身校:早稲田大学

家族構成は、妻と息子が4人

 

ちなみに、息子で現在陸上競技をやっている者はいない。

 

元々は、野球児であったが中学校の校内マラソンで優勝し陸上部より懇願され

大会に出るようになるにつれ、陸上に目覚める。

高校は、陸上競技の強豪四日市工業高校にに入学し

入学直後からメキメキと頭角を現し中距離選手としてインターハイなど数々の大会で結果を出している。

 

大学は早稲田大学を受験するも不合格で、一年間南カルフォルニア大学へ在籍しながらの浪人生活で

翌年、早稲田大学に合格している。

 

大学に入ると恩師のすすめでマラソンに転向し

箱根駅伝では1ン年生の時から4年連続で花の2区を走っている。

 

ビールが大好きで、痛風になったことがあると言われています。

 

 

瀬古利彦の今は?

現役引退後は、在籍していたエスビー食品陸上部監督に就任し、母校の早稲田大学陸上部のコーチを兼任していたり

日本陸連役員や、東京都の教育委員などに任命されています。

 

現在の瀬古利彦さんは、DeNAランニングクラブの総監督を務めています。

 

また、マラソン中継の解説やバラエティ番組などのTV番組にも出演し

もともと、人を笑わせるのが好きな事もあり

TV番組などで、その威力を発揮していますね!

 

現役時代の成績は良かった?

フルマラソンの成績だと

15戦10勝という、今のランナーでは考えらえない、凄い記録の持っており

トラック記録に関しては、現在も破られていない数々の日本記録の保持者です。

 

オリンピックに関しては、1984年のロサンゼルスオリンピックと

1988年のソウルオリンピックに出場していますが

メダルを獲れず不調に終わっています。

 

なぜメダルが獲れなかったのか?

フルマラソン15戦10勝で、本番にも強い瀬古利彦さんが

なぜ、オリンピックでメダルをとれなかったのか?

 

その理由ですが本人曰く

ロサンゼルスオリンピックでは、その年始めから体の倦怠感に悩まされているにも関わらず

ハードな練習を続け、このままでは駄目だと思い監督に打ち明けようとした矢先

監督から癌になったと打ち明けられたので、休みたいと伝えることができず本番を迎えてしまい

当然ながら、メダル獲得に至らなかったと言っています。

また、経験した事のない夏場でのマラソンで、いつものリズムがつかめないことが敗因だとも言っています。

 

2度目のソウルオリンピックでは9位に終わり

ソウルオリンピック後の国際千葉駅伝で日本チームのアンカーを務めこれを最後に現役引退をしたことから

続行不能なくらいの体であっただろうと予測されます。

 

現役当時、世界最強のランナーからも「瀬古は世界ナンバーワン」だとも言われていましたから

オリンピックのタイミングが良ければ、間違いなくメダルを獲得していたと思われます。

 

個人的に、TV番組で見る瀬古さんは、なかなか面白いので

もっと出てきてほしいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

アドセンスPC

スポンサーリンク




アドセンスPC

スポンサーリンク




関連コンテンツ1



-アスリート, スポーツ
-, , ,

Copyright© TACOLOR , 2017 All Rights Reserved.